« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

経堂イタリアンランチ

前菜には、
小海老と菜花のムース。



カリフラワーのスープにビーツのピューレ。



軽く燻したマグレ鴨。



壁には、
春を。

ミモザ。


イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月21日 (土)

リゾット

只今の季節のディナーのリゾット。
ほうれん草とパルメザンチーズのリゾットに
黒トリュフをかけて。


イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月18日 (水)

鴨と蜜柑

只今の季節のディナーの肉料理。

鴨の胸肉は軽く燻してタリアータに。
腿肉はクロケッタに。

蜜柑のソースとコンフィチュールを添えて。


イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月16日 (月)

チョコレートのブリュレ

バレンタインデーから始めた、
新ドルチェメニューのチョコレートのブリュレ。

季節のディナーでは、
スパイス風味のジェラートの横に、
トリュフとエスプレッソのグラニータも添えてます。


イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月15日 (日)

またまたドルチェ

昨日はバレンタインデー。

ということで、昨日から始めたチョコレートの新ドルチェ。
これは、昨日のバレンタインデーのランチバージョン。


チョコレートのブリュレとスパイス風味のジェラート。



イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月13日 (金)

鱈のフリット

イタリア、その他ヨーロッパの国々では良く食べられる鱈。
干し鱈が多いけど。

只今の季節のディナーの魚料理は、鱈のフリット。
フリットといっても、軽く仕上げているので、
イギリスのフィッシュ&チップスとは別物。



表面はカリッと、中はほろっと揚げた鱈の食感と、
白子のねっとりした食感。

オマール海老の旨みを凝縮、
サフランをアクセントにつけた濃厚なソースでどうぞ。

イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月11日 (水)

プリザーブドフラワー

クリスマスの花の飾りを手伝ってくれた、
学生時代からの友人Mさんが
持ってきてくれました。

アジサイやカーネーション、
あと緑とベージュはセルリアという名前の花だそうです。
葡萄のツルで作った器に入れて。

店のイメージで作ってくれたという
花の色合いがなかなかシックで、いいでしょ。

実はこれ、ハート型。

もうすぐ、バレンタインだからって。

そう、もうすぐバレンタインデー。
去年は多く問い合わせをいただいたが、定休日の木曜日だったので、
そのまま休みにしてしまった。
すみません。。

只今チョコレートのドルチェ、考え中。
このお花に負けないようなもの、作らなきゃ!

イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 8日 (日)

スパゲッティー

只今のディナーのスパゲッティー。

アンコウと九条葱のスパゲッティー。

アンコウと葱なんて、
鍋みたい?

京野菜の葉葱、九条葱は甘く、
アンコウの旨みと、
魚介の出汁としっかりからんだ
スパゲッティー。

和風スパゲッティーではありません、
しっかりイタリアの味なので、お試しを!

イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 7日 (土)

またまた、野菜ドルチェ

バジリコのパンナコッタ。


フルーツトマトのソルベに、
ココナッツの泡、
ヨーグルトとミントのソースでさっぱりと。

上にはトマトのチュイルをのせて。

イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 6日 (金)

リブ

ほろほろと
骨から肉が外れる位、
柔らかく煮込んでます。

ボリュームありそうですが、
さっぱりとした大根のソースで、
しっかり最後まで美味しく食べられます!



故郷宮崎の豚肉をどうぞ!


イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 3日 (火)

ランチの前菜

マグレ鴨のクロケッティーナ 里芋のソース



牡蠣のパンツァネッラ 青海苔の風味



フルーツトマトのムース



イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 2日 (月)

ランチのパスタ

トラウトサーモンをブロッコリーとジャガイモのソースで。

これは、魚介の旨みをたっぷり含んだ
とろっとしたソース。



手打ちタリアテッレをタコと野菜のラグーで、
イカ墨のソースを添えて。

手打ち麺のもちっとした食感と
タコとイカのぷちぷちした食感が
楽しい一皿。



若鶏と菜花のスパゲッティー。 
これ、鶏の出汁がきいていて、すごく美味しいんだけど、写真がいまいちだな・・。


どれが好みですか。

イタリア料理
リゴレッティーノ

2009年2月 1日 (日)

またまたドルチェ

今日は、ディナーのドルチェ、もう一種類をご紹介。


シューを焼いて、


上にキャラメルをかけ、


甘いけど、ほろ苦い、キャラメルクリームを中に詰めて、


カルヴァドス風味の、ほんのり甘酸っぱい林檎のソースを入れた
タルトの上に、


シューをのせ、
林檎のチャルダを添えて、
出来上がり!



イタリア料理
リゴレッティーノ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »