« 葉牡丹 | トップページ | イチジクのドルチェ »

2009年10月16日 (金)

宮崎の尾崎さんが育てた尾崎牛

故郷宮崎の美味しい牛肉をずっと探していた。

そして、やっと出会った
尾崎牛。




脂がくどくなくさっぱりとしていて、
赤身の部分の旨みが強く、
そして、その旨みが凝縮されている。

霜降り至上主義的考えを一変させる、異次元の和牛。

北海道、岩見沢市のビオファームなかむらの、甘みが強く酸味もしっかりしている

有機プチトマトを湯剥きして、

この後、マリネし
コンフィにしてタリアータにした尾崎牛に添えてます。

そして、雲丹も添えて。

この秋の新メニューです。



尾崎牛を調理しているうちに、
尾崎さんがこだわりを持って育てている牧場を見てみたくなり、
宮崎行き航空券購入。

それが先月。

ところが、前日に急遽都合が悪くなってしまい、
宮崎行きは延期になってしまった。

そして先日、
宮崎から上京した尾崎さんが、食事に来てくれた。

生産者に満足して、喜んで食べてもらえ、

僕も嬉しかった。

これからも、美味しく調理していきます!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

« 葉牡丹 | トップページ | イチジクのドルチェ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎の尾崎さんが育てた尾崎牛:

« 葉牡丹 | トップページ | イチジクのドルチェ »