« ディナーのパスタ | トップページ | アルバ産白トリュフ »

2010年10月15日 (金)

ワイン

今日はワインのご紹介。
モンテセコンドのロッソ・トスカーノ。


このロッソ・トスカーノの畑は、キャンティ・クラシコゾーンの最北端に位置。

サンジョヴェーゼ80%、カナイオーロ20%で、中身はキャンティ・クラシコ。
キャンティ・クラシコの名前でDOCGとして売れるものを、
手頃な価格を実現するため、あえてデクラッセして販売しているそう。


純度の高い香りと
なめらかで柔らかな舌触り。

自然で品のある、美味しいワイン。

インポーター資料によると、
モンテセコンドは2004年からビオディナミを採用。
畑の中央部に醸造所兼自宅があり、
オーナーシルヴィオ氏の子供達は畑で遊んでいる。


『そんな環境で農薬を使えるはずはない、
自分が飲みたいと思えることが大切』

『たかがワイン。所詮飲み物だ。
芸術品でも、大事に飾っておくものでもない』

美味しい、それで十分ではないか、
と熱弁をふるう。


そう、気軽に飲みたい、
派手さはないけど、
しみじみ美味しいワインです。

Montesecondo  Rosso Toscano 2007
\4800


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

« ディナーのパスタ | トップページ | アルバ産白トリュフ »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイン:

« ディナーのパスタ | トップページ | アルバ産白トリュフ »