« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

今日の賄い

毎週火曜日の賄いは、ピッツァ。

スタッフが、ピッツァの生地をこね始めると、
一週間過ぎたんだなぁ、と思う。

イタリアでは、ピッツァのお供はビールかコーラが主流。
何故か知らないが。

今日はイタリア流に、コーラで。

たまに、ピッツァはメニューにないのですか?、
とお客様に聞かれることがある。

日本では、日本人の需要から、レストランでピッツァを、
ピッツェリアでパスタも出すところもあるが、
イタリアでは、基本的にレストランでは、ピッツァは出さない。

ピッツァは専門の釜がある、ピッツァ専門店で食べる。

大抵、ちょっとした前菜や
ゼッポリーニというあげパンみたいなものを
最初につまみ、
1人1枚のピッツァをオーダーする。

基本的に1枚を複数でシェアをしたりはしない。
自分の1枚を1人で食べる。

イタリア人はナイフ、フォークで一口サイズに切って食べる。
三角形に切って、手で食べるのは、着席して食べるピッツェリアでは
マナー違反かな。
というか、小さな子供くらいしかやらない。

しかし、大人でもピッツァの真ん中だけ綺麗にまん丸に食べて、
まわりを残している人もいるのだから、
何がマナーだか、わからないけど。

ちなみに上の写真は粉1,2キロ分。
あっという間に、若いスタッフが平らげました!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階


2011年8月29日 (月)

スタッフの紹介

この春からリゴレッティーノの一員となった
新スタッフを紹介します。



沖縄出身、池原涼です。

沖縄で調理師専門学校を卒業し、
この春成人式を終え、料理を学ぶために上京してきました。

すべてにおいて、まだまだ勉強中ですが、
どうぞよろしくお願いします。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月27日 (土)

ランチのパスタ

宮崎産尾崎牛頬肉と
夏野菜のスパゲッティー。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月26日 (金)

シンプルなトマトソースのスパゲッティー

グラニャーノ村のスパゲッティーに、
トマトソースと
カゼルタ村の水牛のモッツァレラチーズを合わせた
シンプルなスパゲッティー。



グラニャーノはナポリの南、
ソレント半島の付け根あたりにある、
スパゲッティー発祥の地、と呼ばれてる街。

昔はパスタは天日乾燥させていたそうで、
降り注ぐ太陽の光と、ヴェスヴィオ火山からの乾燥した風、
海からの塩気を含んだ少し湿った空気、
それらが、美味しいパスタを作る最適な条件を作りだしていたらしい。

ブロンズのダイスから搾り出される、グラニャーノのスパゲッティーは
表面がざらざらしていて、ソースとよく絡み、
こしのある麺は、歯ごたえがしっかり。

シンプルだけど、美味しい。

シンプル過ぎて、メニューには載せてませんが、
ご希望により、お出ししています。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月23日 (火)

お知らせ

9月の連休は、28日(水)・29日(木)です。
第一水曜日、7日は営業致します。



経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月19日 (金)

フォアグラとボタン海老

ちょっと意外な組み合わせ。

でも、美味しいです。

ポワレにしたフォアグラに、
ボタン海老はたたいて、マルドンの塩やオリーブオイルを加えて
タルタルに。

ねっとり、
トロリ。



経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月17日 (水)

ランチの前菜

カボチャのムース、
丁寧に作ったコンソメを
ジュレにして。

ランチの前菜の一品。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月16日 (火)

肉料理

フランス、シャラン産、マダムビュルゴーの窒息鴨。
胸肉を、
ミルト酒のソースで。


鴨肉を詰めた
カペレッティを浮かべたスープとともに、どうぞ。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月12日 (金)

ヴァカンツァ

ヴァカンツァ、夏休み。

イタリア人、イタリア人に限らず、ヨーロッパの人達の夏休みは、長い。
海に行ったり、避暑に山に行ったり、海外に行ったり。

少なくとも2週間、1ヶ月近く仕事を休む人達も多い。

レストランも例外ではなく、
海外からお客さんがいくら来ようとも、
しっかり夏は閉めてしまう店がとても多い。

イタリアで僕の働いていた店も、8月は休みだった。


夏の夜のコロッセオ

あの、恐ろしく暑いイタリアの夏。
確かに、休みたくなるかもしれない。

部屋に日光が入るのを防ぐため、日中は雨戸は閉め、
電気代は高いから、電気もつけずに、部屋の中は真っ暗。

僕の友人は、打ち水と同じ考えで、
寝室の床に水を撒いて(床は石でできています)、
涼しくなったったすきに、眠りにつく、
と得意げに言っていました。

お盆期間、リゴレッティーノは、木曜定休、他の日は通常通り営業しています。
夏の暑さの疲れを癒しに、是非どうぞ!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階


2011年8月 9日 (火)

タコのラグー、イカ墨のソース

只今、
ランチ、ディナーともにお出ししているスパゲッティー。

タコを煮込んでラグーにして、
そこにイカ墨を加えてます。

仕上げに、トマトソースをトッピングして
少し酸味を加えて。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月 7日 (日)

トウモロコシのスープ

今日の休日Aランチのスープは、

北海道のとうもろこしで作った、


甘み凝縮、
冷製とうもろこしスープです。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月 4日 (木)

ジェラート

イタリア人はジェラートが大好きだ。

子供だけでなく、大人もジェラートを美味しそうに食べながら、
街を歩いている。

イタリア修行時代に、もちろん、僕も沢山のジェラートを食べた。
滞在していた、モデナ、レッジョーロにはそれぞれ、
1軒ずつジェラテリアがあった。

ランチとディナーの間の仕事の休憩時間は、ジェラテリアも休憩時間。
稼ぎ時の夏でさえ、モデナやレッジョーロ等
小さな街ののジェラテリアは、
しっかり休憩時間を設けていた。

だから、食べたくてもそう簡単には
ジェラートにありつけない。



休みの日には、よくボローニャに遊びに行った。
ボローニャには、お気に入りのジェラテリアが2軒ある。

一軒はカスティリオーネ通りのジェラテリア。
ここでは、濃厚なチョコレートのジェラートがお気に入り。

もう一軒は通りの名前を忘れてしまったけど、
マジョーレ広場から北へ徒歩数分の所にある老舗ジェラテリア。
ここでは、いつもピスタチオを食べていた。



店では、メニューにジェラートはありませんが、
ご要望に合わせて、ご用意できます。

今は、マルドンの塩のジェラート、ピスタチオ、
ホワイトチョコレート、タイムのジェラート、ブルーベリーのソルベ等が
あります。

お気軽にお尋ね下さい。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月 3日 (水)

スタッフ

リゴレッティーノ元スタッフの中村さんと、
忙しい時期にヘルプで入ってくれてた松永君が、
食事に来てくれました。

現スタッフと一緒に記念撮影。


以前働いていたスタッフが
こうやって遊びに来てくれるのは、
とても嬉しいことです!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2011年8月 1日 (月)

サラダ

食欲がないので、サラダとスープだけ、
というお客様にお出ししたサラダ。
ミクリヤさんの有機野菜を使ってます。



メニューにはありませんが、ご要望に応じて
ご用意できます。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »