« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

魚料理

今日のランチは魚料理のオーダーが多く入りました。

先日ブログ完成した写真をにあげましたが、
鮮魚のサルティンボッカ風。

オナガダイにセージをのせ、



サンダニエーレ産の生ハムで包みます。


炭火焼にして出来上がり。

このピスタチオのソース、美味しい!ピスタチオの他に何が入っているですか?
と聞かれますが、
オマール海老からとった出汁、オレンジ、レモンの果汁などを合わせています。

今週末はまだお席ご用意できます。
是非お試しを!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2018年1月29日 (月)

パスタ

島根産の猪を煮込みました。
タリアテッレと合わせ、ランチ、ディナーともにご用意しています。



猪、ってどんな味ですか?くせが強いですか?
とよく質問されるのですが、

美味しいです!
変なくせはないです。
旨みは強く、一般受けもすると思います。

是非お試しを。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2018年1月28日 (日)

パン

今日も寒いですね。

アンチョビとバターのパンを焼きました。


毎年クリスマスディナーではアンチョビバターを出していたのですが、
去年はコースの構成上、バターはちょっとヘビーかと思いお出しするのはやめました。


代わりにアンチョビとバターを練りこんだパンを焼いたのですが、
これ、アンチョビの塩気が良い具合に、お酒がどんどんすすんじゃうんですよね。
危険なパンです。

リクエストがあったので、たまに焼いています。
経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階


2018年1月26日 (金)

ニョッコフリット

第二の故郷?イタリア、モデナの伝統料理のニョッコフリット。

薄く伸ばしたパン生地を油で揚げた、揚げパンです。
揚げたものを熱々で、また冷めたものもそのまま食べたり、
また生ハムと一緒に食べたりします。

モデナのチェントロにティファニーという名前のBARがあって、

11時過ぎに揚がるので、それを狙って買いに行ったりしていました。

今でもあるのかな、あのBAR。

クリスマスディナーのお通しに久しぶりにニョッコフリットを作ったら好評だったので、引き続き、少しアレンジして作ってます。
今回は七面鳥のラグーを詰めました。


揚げると、こんな感じ。
普段はこんなに膨らまないけど、これは随分膨らんだ。



イタリアの師匠、ジャンニの店ではこんな感じで出してました。

極々薄切りのパルマ産生ハムを熱々のニョッコフリットに載せると、
熱で脂がほんのり溶けて絶妙。

ランブルスコが最高に合います。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2018年1月24日 (水)

パスタ

シラスとアーモンドのスパゲッティー、春菊のソース。
春菊というと鍋のイメージですが、
しっかりとイタリアンに仕上げています。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2018年1月21日 (日)

魚料理

ディナーの一品、鮮魚のサルティンボッカです。
サルティンボッカはローマの伝統料理で、仔牛の肉にセージ、生ハムをのせて調理した料理です。
それを魚料理にしました。

2018年1月11日 (木)

新年のご挨拶

気が付けば、1月も もう 3分の1 過ぎてたんですね。

焦ります。

年始は宮崎へ帰省して、中学時代の同窓会に出席しました

卒業以来 ン10年ぶりの恩師や同級生との再会に感激でした。

日帰りの帰省でしたが、故郷で元気をもらい、また、昨年11月のイタリア帰省(?)では
沢山の愛情をもらって帰国しました。

2018年、元気いっぱいに新たなお料理を創っていきます。


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »