« 本日のパスタ | トップページ | 苺のドルチェ »

2018年4月 7日 (土)

そら豆とペコリーノ。

そら豆の季節になりました。

イタリアでもそら豆はよく食べられます。

イタリアならではの食べ方は、生食。

さやから出したそら豆と羊のミルクで作ったペコリーノチーズを
交互に口に入れて食べます。
生のそら豆!?と思うかもしれませんが、とれたての新鮮なそら豆は
柔らかく、渋味、苦味をほんのり感じる程度です。
そら豆を口に放り込んで、まだそのそら豆の味が残っているうちに、ペコリーノチーズを一口。
ペコリーノチーズの甘みと塩気、コクが一体になり
癖になる美味しさです。
そこへ、ワインを一口。

そら豆、ペコリーノ、ワイン。
そら豆、ペコリーノ、ワイン。
この繰り返し。
ワインがグイグイすすみ、キケンな組み合わせ。

イタリアの春の楽しみです。

もう8年位前でしょうか。
テレビ朝日の『食彩の王国』という番組で、
そら豆を使ったイタリアン、という内容で紹介されました。

その時はそら豆のプリン、そら豆のリゾット、お魚料理のソースにそら豆を使ったものが紹介されました。

今年はまずは、フィナンシェを作りましたよ。
そら豆とペコリーノのフィナンシェ。


まだまだ他にもそら豆料理を作りますので、お楽しみに。
経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

« 本日のパスタ | トップページ | 苺のドルチェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日のパスタ | トップページ | 苺のドルチェ »