ワイン

2011年3月23日 (水)

義捐ワイン

いつも美味しいワインを届けてくれる
イタリアワインのインポーター、ヴィナイオータさんから
義捐ワインのお知らせがありました。

以下、内容です。(転記することは許可をとっています)


震災後、ヴィナイオータとしましては、
被災地域の皆様に対して何が出来るのか、
そしてそれが前向きな経済活動につなげる事が出来ないかを
真剣に考えました。

まず取引のある造り手たちにワインの無償提供を打診し、
現在36生産者からの確約を頂きました。
「日本のために何かをしたい。」という彼らの想いを預かった
ということです。

そしてヴィナイオータは、集まったワインを販売し、
「その売り上げの全てを被災地に寄付させていただきます!」

造り手から集まったワインは既に2000本を超えています。
彼らの日本に対する想いにも応えるべく、僕らの手でワインを
出来るだけ多くの皆様方に飲んで頂き、その売上げで被災地に
最大限のエールを送りたいと思います。

エンドユーザーの方達も、それを買って飲んでいただき、ワイン
を楽しむことが、被災地に対する協力にもなるという・・・。

造り手達から預かった1本の数ユーロのワインが、輸入元、酒販店、
飲食店、そしてエンドユーザーである飲み手の皆様、みんなの
想いをつなげることで、大きな力になるわけです。
しかも「不謹慎」「自粛」という言葉が飛び交う中で、精一杯
前向きな方法ではないかと考えています。


是非皆様のご協力をお願いしたいと思います。

ヴィナイオータさんのblog記事


素敵なアイデアだと思い、
賛同、参加させてもらうことを伝えました。

今日のディナーは貸切のため、
定休日明け、3月25日(金)から
義捐ワイン、ご用意します。

ご用意するワインについては、またブログでお知らせ致します。



経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階



2011年2月 2日 (水)

ワイン

たまには、ワインの紹介を。

今日は白。

白と言っても、
色は、かなり濃い黄金色のワインです。

修行先、エミリア・ロマーニャ州の素晴らしいワイナリー、
ラ・ストッパの
『アジェーノ』。

同じワイナリー、ラ・ストッパの弊店人気赤ワイン
『マッキオーナ』
を以前ブログで紹介しましたが


『アジェーノ』も、
すごい!ワインです。

マルヴァジア主体で、
葡萄は皮、種ごとステンレスタンクへ。
自然酵母で発酵。
発酵からボトリングまで一切酸化防止剤を使用せず、
ノンフィルターでボトリング。
年間生産量はわずか、2000本弱。

マルヴァジア由来の華やかさ、スパイシーさ。
粘度が高くねっとりしているのに、爽やかさもある。
タンニンも、これまた、かなりしっかりしてます。

エミリア・ロマーニャで、このタイプのワインは、
まず、他に見つからないでしょう。

エミリア・ロマーニャは昔は、
食材・料理だけが、有名で、
ワインは生産量だけを誇っていましたが、
この10年で
特別なワインを産出し、
今や、世界各国から注目を浴びるようになってきました。

こんな素晴らしいワインが
修行先のエミリア・ロマーニャ州から生まれること、
そして、イタリア国内でも、世界的にも素晴らしい評価を得ていること、

本当に嬉しいです。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年11月 4日 (木)

ワイン

今日は赤ワインをご紹介。

試飲して感動!
とても気に入り、すぐにリストに入れました。

バッケレートのカルミニャーノ『テッレ・ア・マーノ』。

トスカーナは、ブルネッロやキャンティ、
他にもろもろのいわゆるスーパートスカーナワインが代表的で、
比較的、地味目(?)なDOCG、カルミニャーノ。

でも、『大地のワイン』という意味のを持つ『テッレ・ア・マーノ』の
カルミニャーノ。
地味どころか、
とっても華やかで、圧倒的な存在感を持つ
すばらしいワインです!


2002年からビオディナミで葡萄を栽培。

収穫はすべて手摘み、一房、一果実毎選別。
自然にまかせたセメントタンクでの発酵は、
温度管理もせず。

アリエ産のトノーで18ヶ月熟成し、フィルターをかけずに瓶詰め。


出来上がったワインは、カルミニャーノとしては異例の凝縮感と
しっかりしたタンニン。

開栓後、1時間もすると、しなやかなボディに。
スパイス、動物香、
なんとも複雑な香りと
パワフルな味わいに奥深さを感じます。


現在のメニュー、尾崎牛との相性は抜群です!


Carmignano Terre a Mano 2006 ¥8000


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年10月15日 (金)

ワイン

今日はワインのご紹介。
モンテセコンドのロッソ・トスカーノ。


このロッソ・トスカーノの畑は、キャンティ・クラシコゾーンの最北端に位置。

サンジョヴェーゼ80%、カナイオーロ20%で、中身はキャンティ・クラシコ。
キャンティ・クラシコの名前でDOCGとして売れるものを、
手頃な価格を実現するため、あえてデクラッセして販売しているそう。


純度の高い香りと
なめらかで柔らかな舌触り。

自然で品のある、美味しいワイン。

インポーター資料によると、
モンテセコンドは2004年からビオディナミを採用。
畑の中央部に醸造所兼自宅があり、
オーナーシルヴィオ氏の子供達は畑で遊んでいる。


『そんな環境で農薬を使えるはずはない、
自分が飲みたいと思えることが大切』

『たかがワイン。所詮飲み物だ。
芸術品でも、大事に飾っておくものでもない』

美味しい、それで十分ではないか、
と熱弁をふるう。


そう、気軽に飲みたい、
派手さはないけど、
しみじみ美味しいワインです。

Montesecondo  Rosso Toscano 2007
\4800


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年9月18日 (土)

ワインのご紹介

修行先、エミリア・ロマーニャ州のお薦めワイン、

ラ・ストッパのマッキオーナ2003。

ラ・ストッパのオーナーのエレナ・パンタレオーニ女史は、

2010年ガンベロロッソの最も優れた栽培家に選出。


ラ・ストッパの畑は有機栽培が徹底され、
除草剤をまかない小川の流れる敷地には、
タンポポやルッコラが生い茂り、
そこで育つ葡萄は活力みなぎる偉大なワインを生み出します!

マッキオーナはバルベラ50パーセント、ボナルダ50パーセント。

納得いくまで瓶熟成させてから出荷されたワインは、
しっかりとした骨格と果実味をもち、
全体的にとてもまとまったバランスの良いワインです。

こんなすばらしいワインが、エミリア・ロマーニャから日本に届けられていると思うと、
とても嬉しく感じます!

個人的に大好きなワインです!

La Stoppa Emilia Rosso 2003 Macchiona IGT ¥6900


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年8月12日 (木)

ワインのご紹介

暑い夏には発泡性のワインを
飲みたくなりますね。

イタリア、ヴェネトを代表するスパークリングワインのプロセッコ。

フレッシュでフルーティー、強すぎない泡が飲みやすく、
値段も手頃なものも多く、世界中で愛飲されています。

プロセッコの醸造は、通常
大量生産できるシャルマ方式を採用しています。

今回紹介するプロセッコは、シャンパーニュと同じ
瓶内二次発酵で造られたもの。

カーサコステピアーネの
プロセッコフリッザンテシュールリー2008。

樹齢80年以上のプロセッコから造られたこのワイン、
澱引きせず出荷されます。


濁っているのがわかりますか?

泡は優しく、少し弱め。
プロセッコはフルーティーさが前面に出るものが多いのですが、
これは、良い意味でフルーティーさが強すぎない。
後味に残る甘みがありません。
料理の味を引き立て、するする飲めてしまい、夏料理に合わせやすい。

実はこれ、イタリアの修行先リゴレットで
良く出ていたプロセッコ。

リゴレットのシェフ、ジャンニのレシピ本でも、

牛タンのカペレッティーと林檎のソース
に合うワインとして
紹介されてます。

夏季限定で入荷です。
お試しを!

Casa Coste Piane
Prosecco Frizzante Sur Lie 2008  ¥4900


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年7月16日 (金)

ワイン

今日は新しく入ったワインのご紹介。
イタリアの修行先、エミリア・ロマーニャ州のちょっと個性的なワイン。

カミッロ・ドナーティのトッレビアーノ・フェルモ2006。



なかなか素敵なラベルでしょ。

カミッロ・ドナーティは、有機農法で伝統的な手法に拘ったワイン造りを行ってます。

全ての葡萄にマセレーションを行い、
一切の温度管理を行わず、フィルタリングも木綿の袋を使い、
重力以外の圧力をかけずに行うらしい。

ワインは少し濁った濃いイエロー。

凝縮感のある豊かな香り。

粘度が高く、とろーっとした口当たり。
でも味わいはドライ。
酸が活き活きとしていて、熟した果実味が豊か。

何よりも、自然の恩恵を感じられる
ぶどう酒的な味わいが魅力なワイン。

是非お試しを。

Camillo Donati Trebbiamo Fermo2006
¥4900

※少量単位で仕入を行っているため、品切れの際はご了承下さい。

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年4月17日 (土)

またまたお酒

とても美味しい宮崎の焼酎に出会ったので、
最近リストに載せました。

九州の小京都と言われる、
城下町の飫肥。

その地元で取れる食用の紅寿芋を使った焼酎。

蒸留して最初に出てきた『ハナ』の部分を詰めた、
『杜氏潤平手作り紅芋華どり』。


本当に美味しい。

アルコール度数40パーセント。
グラスの注ぐと、ぱーっと華やかな香りが広がる。

グラッパのように食後にストレートで飲むのを
お薦めしてます。

そこらへんのグラッパには負けません。

焼酎好きの方も、
そうでない方も、
是非、飲んでいただきたい美味しさです!

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2010年4月16日 (金)

ワインのご紹介

いつもブログは料理ばかりの紹介ですが、
今日は、ワインを紹介します。

最近気に入ってリストに入れたワイン、
バリッチのロッソ・ディ・モンタルチーノ。

美味しいです!

ブルネッロ協会登録番号『1』番の伝統的ワイナリー、バリッチ。
伝統的な手法で醸造、熟成された、
真面目な造りの、正統派モンタルチーノ。

開けたてから美味しいです。
豊かな果実味、ビターで少しスパイシー。
時間とともにコーヒーやナツメグ、落ち着いたドライフラワーの香りもでてきて。

エレガントな飲み口で、ワインを飲みなれてない方にも、ワイン通の方にも、
お薦めできます。



Rosso di Montalcino 2007
BARICCI
¥7000


経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

2009年11月25日 (水)

ワイン

新しく白ワインを入荷したのでお知らせします。

フリウリの自然派、デニス・モンターナー氏の造るウィス・ブランシス。

数年前初めて飲んで、感動。

わずか0.6hの畑、樹齢50年の樹から造られるこのワイン、
なかなか入手できず、リストには加えませんでした。

今回入荷した2006年。

この濃い色、まさに琥珀色です。

化学肥料や農薬を使わず、発酵は自然酵母で。
温度管理もせず、自然の葡萄の力によって出来上がったワイン。

味わいは葡萄のエキスが凝縮されていて、とてもピュアです。

ボルク・ドドン ウィス・ブランシス2006 ¥7000

経堂 イタリアン
リゴレッティーノ
東京都世田谷区宮坂3-12-8経堂鈴木マンション地下1階

その他のカテゴリー